Information

イ・ジョンソク、ノーギャラで“好評+意味”を完成させた賢明な行動

 

1S8CIBAOYL_1

 

 

[韓国エンタメニュース]


俳優イ・ジョンソクの賢明な行動が認められた。
 
彼はドラマ「死の賛美」にノーギャランティでの出演を決め、トップレベルの俳優としての責任を果たしただけでなく、初めて挑戦する時代ドラマにて深みのある演技力を再び立証し、さらに頼もしいフィルモグラフィーを重ねることとなった。
 
4日、韓国にて放送されたSBS「死の賛美」にて、イ・ジョンソクは文学と祖国、そして生涯たった一人の恋人ユン・シムドク(シン・ヘソン)を愛するが、そのどれも完璧に手に入れることが出来なかった不運な時代の作家キム・ウジンを演じた。
 
これまで「死の賛美」は映画、ミュージカルなどで何度も上映されてきたが、ソプラノ歌手のユン・シンドクではない作家キム・ウジンの人生がスポットライトを浴びたのは今回が初めてだった。イ・ジョンソクは同名作品でやや柔弱に描かれてきたキム・ウジンのキャラクターを脱皮し、文章への情熱を燃やす作家キム・ウジンをリアルに描き出し、実在人物を再び輝かせた。
 
また、多くの作品を通じてジャンルの境界がない演技力を認められた彼のキャラクター表現力は、時代ドラマの中でも見る者の視線をとらえた。多くの台詞と激しい感情表現がなくとも、時代に苦悩し愛に心を痛めるキム・ウジンの感情を纎細に描き出したイ・ジョンソクは“信じて見る俳優”としての存在感を視聴者に再確認させた。
 
さらに、ユン・シムドク役のシン・ヘソンとのシーンでは、憂愁に濡れた瞳で死も辞さない愛の深さを視聴者にそのまま伝えた。たった3回の放送の中で出会いから死までを描く早い展開だったが、イ・ジョンソクが描いたキム・ウジンの細かな感情変化は視聴者をドラマに集中させ、また“夢”を抑えつけられて自己表現に消極的だったウジンがシムドクと出会い、再びペンを取って“愛”という感情を表わすようになっていく変化の過程は、彼の流麗な演技力で説得力を増した。
 
そこに中低音の声と正確な発音など、イ・ジョンソクだけが持つ伝達力がキム・ウジンの詩をこの時代を生きる大衆の前に紹介する契機となった。美しい彼の声に乗って流れる切ないナレーションは視聴者に聞く喜びを、当時の衣装を纏ってさらに魅力を増した彼の秀麗なビジュアルは、見る楽しみまでを抱かせた。
 
特に、演技力とスター性を兼ね備えたイ・ジョンソクがノーギャランティーで出演を決めたという事実は短編ドラマの活性化に対する大衆の関心を引き出し、「死の賛美」の意味を倍増させた。デビュー当初「ハイキック」シリーズを通じて一躍スターに躍り出た後、多くのラブコールを受け、短編ドラマ「わたしが一番きれいだった時」に出演したこともある彼は、視聴率とは関係なく素材と展開の多様性を試みる短編ドラマへ常に関心を持ってきた。潜在力を持った新しい制作陣と俳優を発掘するため、短編ドラマが活性化しなければならないという点に共感したためだ。
 
そして前作「あなたが眠っている間に」を共にしながら信頼を築いたパク・スジン監督と意気投合し、イ・ジョンソクのキャスティングで「死の賛美」が本格的に制作された。日本植民地時代を背景にした実話を素材にしたため、韓流スターとしてのプレッシャーを感じてもおかしくないはずだが、彼は「死の賛美」の肯定的な方向性に賛同し出演を決め、多くの人々から拍手喝采を浴びた。さらに放送直後、イ・ジョンソクは自身のSNSを通じて「SBSは短編ドラマをたくさん作ってください」という望みを伝え、大衆の支持を得た。
 
このように、イ・ジョンソクの意味ある行動は彼の次期作への期待にも繋がっている。彼は韓国にて来年1月より放送予定のtvN新土日ドラマ「ロマンスは別冊付録」にてロマンチックコメディーに初挑戦する。複合ジャンルを通じ、多少ファンタジー的なキャラクターと感情的な敍事を演じてきた彼が今回の作品ではより現実味のある“年下男”の魅力を披露し、女性の心を魅了する予定だ。
 
一方、イ・ジョンソクは現在、ドラマ「ロマンスは別冊付録」の撮影に臨んでいる。
 
 
写真提供:SBS「死の賛美」



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る