Information

「死の賛美」イ・ジョンソク、切なくも繊細な熱演が輝いた

2008552_808587_261



[韓国エンタメニュース]


俳優イ・ジョンソクが初の時代ドラマを通じて“信じて見る”俳優の真価を改めて証明した。


韓国にて27日に放送されたSBS「死の賛美」では、天才劇作家のキム・ウジン(イ・ジョンソク)と朝鮮初のソプラノ歌手ユン・シムドク(シン・ヘソン)の運命的な出会いと、互いに強く惹かれ合う姿が描かれた。


劇中にてイ・ジョンソクは、朝鮮の学生たちと民族を啓蒙するためペンを持ち集まった同友会の総演出家キム・ウジンに扮した。また同日、彼は混乱し暗鬱な時代背景の中で咲くシムドクへの愛を繊細な感情演技で描き出し、視聴者から好評を受けた。


初めて挑戦した時代ドラマの中で、イ・ジョンソクのキャラクター分析は光を放った。彼は祖国を失った不運な時代の青年であり、同友会の精神的な支えであるキム・ウジンを力強く描き出し、実在するキャラクターへの没入を誘った。また、シムドクとのシーンでは台詞の行間をディテールな呼吸と視線で描き、一層成熟した魅力を発揮、さらにイ・ジョンソク特有の中低音ボイスと伝達力の際立つナレーションがドラマの完成度を高め、今後深まっていく彼の愛の演技への期待を高めた。


特にイ・ジョンソクは、短編ドラマ活性化のため「死の賛美」にノーギャラで参加したことでも知られ、大衆の期待は制作段階から高まっていた。彼はそんな大衆の期待感を完成度の高い演技で証明、多数の出演作を通じて培った“作品を見る目”とキャラクター表現力を認められ、「死の賛美」にてさらに充実したフィルモグラフィーを重ねることとなった。


一方、イ・ジョンソクの真価が確認できる「死の賛美」第3、4話は韓国にて12月3日午後10時より放送予定。



写真提供:SBS「死の賛美」


韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る