Information

イ・ジョンソク、ドキュメンタリーのナレーターに初挑戦!

1541638653238227



[韓国エンタメニュース]


イ・ジョンソクがSBS28周年特集企画2部作ドキュメンタリー「運なのか、能力なのか-公正性戦争」にてナレーターに初挑戦する。


「ピノキオ」、「ドクター異邦人」、「君の声が聞こえる」、「W」などを通じて作品を見る目が秀でているという評価を得ているイ・ジョンソクであるだけに、生涯初挑戦となるナレーターとしてどのような作品を選んだのか、ファンの関心が集まっている。


「運なのか、能力なのか-公正性戦争」制作陣はイ・ジョンソクをナレーターに選定した理由について、「イ・ジョンソクの、自分の成功を自分だけのものと考えず、厳しい状況のなか俳優生活を共にした友人の為に自費でカフェを作り、幸運を分かち合う姿にこのドキュメンタリーが伝えたいストーリーが込められている」と説明し、「イ・ジョンソクとドキュメンタリーの主題がどのように繋がるのか、ご期待ください」と伝えた。


一方、イ・ジョンソクは最近、インドネシア・ジャカルタ空港にて起きた抑留事件によって多くの人々を驚かせた。幸いその日の深夜にジャカルタを発ち、6日の朝に韓国に到着した彼は、最初のスケジュールとして今回のドキュメンタリーのナレーションをこなした。心配する制作陣をよそに「ドキュメンタリーの内容が気になるので必ずスケジュールに参加する」と責任感を見せた彼は、ジャカルタ空港での抑留事件で疲れている様子にもかかわらず、終始活気に満ちたプロの姿を見せたという。


8日、制作陣は「イ・ジョンソクは初めてのナレーションにもかかわらず、実際の青年たちの声を淡々としながらも温かいトーンで訴えるように伝えてくれた」と称賛を送った。


普段から寄付を行うなど、多様な方法で社会問題の解決に関心を見せていた俳優イ・ジョンソク。青年たちの人生を通じて現在の社会問題を垣間見る今回のドキュメンタリーにて、彼がどのような声で社会的反響を呼ぶのか、熱い期待が寄せられている。


イ・ジョンソクがナレーターに初挑戦したSBS28周年特集企画2部作ドキュメンタリー「運なのか、能力なのか-公正性戦争」は韓国にて11日、18日午後11時5分より放送予定。


写真提供:SBS



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る