Information

イ・ジョンソク、6000人のファンのサプライズに“涙”

2018091801001424000111371



[韓国エンタメニュース]



俳優イ・ジョンソクが6,000人のファンたちと幸せな三十歳の誕生日を迎えた。


9日、台湾・台北に位置する台湾国際会議センター(TTIC)と15日、タイ・バンコク セントラルプラザ チェーンワッタナにてイ・ジョンソクのアジアファンミーティングツアー「crank up」が開催された。


昨年、ドラマ「あなたが眠っている間に」を最後に演技をするイ・ジョンソクに会えなかったファンたちだったが、彼に対する愛は堅固だった。空港には数百人のファンが集結、二回の公演は各国のファンで満たされた。また、公演に先立ちタイで行われた記者会見には70メディア、100人余りの取材陣が詰め掛け、イ・ジョンソクへの現地の熱い関心を確認させた。


今回のファンミーティングはイ・ジョンソクの三十回目の誕生日に当たる14日前後に開かれた為、彼とファンが共に作る特別な誕生日パーティーとなった。俳優として走ってきた20代を終え、30代をファンたちと共に迎えたいとし、ファンミーティングのタイトルを「crank up」(始まる、始めるという意)に決めたイ・ジョンソクは、8年間築いてきた自身のフィルモグラフィーの中の名場面と名台詞をファンと振り返りながら幸せな時間を過ごした。さらに台湾やタイのファンたちはサプライズ誕生日イベントを企画し、イ・ジョンソクの心に応えた。


台湾のファンたちは永遠にイ・ジョンソクと共にいる、いう意味を盛り込んだ映像メッセージを伝えた。つたないが真心が伝わってくる韓国語で綴った映像メッセージは会場を温かい感動で満たした。また、タイのファンもサプライズ映像を準備して彼の誕生日を祝った。自分たちの愛する、これからも愛し続けるイ・ジョンソクの多様な表情と伝えたいメッセージを表現した特別な誕生日プレゼントに彼は涙を浮かべた。


イ・ジョンソクは「すごくありがたくて皆さんが僕の自信だ。ありがとうという言葉でしか表現することが出来なくて残念です」とし、「ファンミーティングは僕にとって大切な記憶として長く残ると思う。早く過ぎる時間の中で挨拶できないかも知れないが、良い作品でまた会えます。今日のことは忘れられない」と感激を表現した。


さらにイ・ジョンソクは自身が出演した今年下半期に放送予定の短編ドラマ「死の賛美」のパク・スジン監督にお願いして特別制作された未公開の予告編をファンに公開し、次回作への期待を高めた。また、先立って行われた日本、韓国公演でも話題を呼んだピアノ演奏はもちろん、韓国公演にゲストとして登場した歌手ロイ・キムの「その時に別ればいい」をライブで披露し、ときめきをプレゼントすると共に、様々なコーナーとハイタッチなどでファンたちと直接コミュニケーションを交わし、海外ファンに感謝の気持ちを伝えた。



201809171015770085_5b9f013ee8f8e



一方、イ・ジョンソクは今年11月、インドネシア・ジャカルタとフィリピン・マニラにてファンミーティングを開催予定だ。



写真提供:A-man Project



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る