Information

イ・ジョンソク、韓国ファンミーティング大成功‼

イ・ジョンソク1

イ・ジョンソク2



[韓国エンタメニュース]

 
 
イ・ジョンソクが3,000人のファンたちと夢のような時間を送った。


1日、ソウル・江西区KBSアリーナにて「2018 LEE JONG SUK FANMEETING“PIT A PAT”」が開催された。残暑がピークだった同日、約3,000人のファンたちは早い時間から会場を訪れ、約1年間待っていたイ・ジョンソクとの出会いに備えた。また、韓国はもちろん、日本、中国、東南アジアなど各国のファンが韓国を訪れ、彼の韓流スターとしての底力を再確認させられた。


約1年ぶりに開催された韓国ファンミーティングは今回“PIT A PAT”というスペシャルタイトルがつけられた。イ・ジョンソクは長い間、自分のそばにいてくれたファンたちと特別な時間を過ごすために多くの部分にアイデアを出すなど、ファンミーティングに力を注いできたという。


数年呼吸を合わせているMCハ・ジヨンと穏やかな雰囲気の中で近況を伝えたイ・ジョンソクは、ファンを指す“With”と自身が運営しているカフェ“89MANSION”など、自身の最近の関心事をファンと共有した。さらに、「TMI(Too Much Information)」コーナーを通じて、些細なことでも知りたいファンたちの好奇心を満たした。特に「墓碑に書きたい言葉は?」という質問に「幸せ!」と回答し、ファンたちへの思いを露わにした。


イ・ジョンソクは「最近、“ソファクヘン(些細だが確かな幸せ)”という言葉が流行し、幸せの本質について悩むようになった」とし、「答えはないが、みなさんが僕を通じて幸せを感じるなら僕も最善を尽くして幸せにして差し上げたい」と話した。


ファンが待ち望んでいる彼の次回作、SBS短編ドラマ「死の賛美」の特別予告編も公開された。彼は初挑戦した時代劇にて一階深まった演技と歴代級のビジュアルを予告、カムバックに対する期待感を高めた。


日本ファンミーティングを通じて話題になったピアノ演奏は、韓国公演でさらにアップグレードされた。julyの「my soul」を4人組バンドと合奏し、自身の曲である「あなたが眠っている間に」OST「知っていますか」を披露、ファンたちの心をときめかせた。


長年のファンたちとの呼吸も注目を集めた。イ・ジョンソクは「ドキドキデート」コーナーを通じ、ファンと多彩なミッションを遂行しサプライズプレゼントを贈呈するなど、楽しい時間をファンに贈った。一方、ファンたちは14日に誕生日を迎える彼にサプライズイベントを準備。彼が観客席を離れるフォトタイムの間に「いつでも待ってるよ」というプラカードを持ってイ・ジョンソクを迎え、彼を涙ぐませた。ファンに対する感謝の言葉を続けることができないほどに涙を流した彼は、その後も苦しそうに直筆の手紙を読み上げた。


イ・ジョンソクは「いつも、少しでももっと良くして差し上げたいという気持ちなのに、振り返ってみるといつも多くのものを受け取っていた」とし、「幸せで熾烈だった8年を送って、これからまた越えなければならない山と渡るべき川の前に立っているが、皆さんがいらっしゃるので心配はしない。本当に多くの時間をプレゼントしてくださって感謝します」と最後の挨拶をした。


また、同日の公演では彼の出演作OSTを歌った歌手ロイ・キムと、親しい後輩俳優シン・ジェハが特別ゲストで出演し、一層豊かな公演を作り上げた。


一方、イ・ジョンソクは今年9日と15日、台湾・台北とタイ・バンコクにてファンミーティングを開催する予定だ。



写真提供:A-man Project


韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る