Information

イ・ジョンソク、日本ファンミーティング終了…”20代俳優人生の納め“

2018082201001838100140802


[韓国エンタメニュース]
 
 
イ・ジョンソクが日本ファンミーティングを開催し、ワールドファンミーティングツアーの始まりを知らせた。
 
「2018 LEE JONG SUK FANMEETING “Crank Up” in JAPAN」は17日、19、20日と3日間に渡り、千葉・舞浜アンフィシアターと大阪・オリックス劇場にて行われた。
 
当初は2回に予定されていたファンミーティングだったが、日本ファンの要望に応え大阪公演が更に追加され、全3回の公演7,000席は満席となった。こうして日本ファンの変わらぬ愛情を確認すると共にイ・ジョンソクの韓流スターとしての力が立証された。
 
同日、イ・ジョンソクはカフェを運営したり韓国随所を旅行するなど、SNS上で公開した日常をファンに伝え、ファンミーティングの幕を開いた。さらに「脳構造トーク」を通じて最近の関心事をファンと共有し、観客の熱気を盛り上げた。
 
また、今年30代に差し掛かる彼は「学校2013」、「君の声が聞こえる」、「ピノキオ」、「W」、「あなたが眠っている間に」など20代の代表作を振り返った。ファンが選んだ名シーンの台詞を紹介し、8年間の演技活動に一区切りをつけると共に、視聴者を笑わせ、泣かせた彼の多彩な演技に多くのファンがもう一度作品の感動を思い出した瞬間だった。
 
彼がSNS上で予告したピアノ演奏は今回のファンミーティングのハイライトだった。約2ヶ月間、猛練習をしてきたイ・ジョンソクはjulyの「my soul」に続いて、自身の曲である「あなたが眠っている間に」OST「知っていますか」を披露、真心の込められた演奏に観客席は感動に包まれた。
 
イ・ジョンソクは「ピアノを弾く男性が格好良いと思って挑戦したが本当に難しかった。これからもずっと習っていきたい」と話し、次回のステージへの期待を高めた。
 
普段“ペンパボ(自身のファンを格別に愛していること)”として知られる彼の特別なファン愛は今回のファンミーティングでも変わらなかった。「ドキドキテレパシー」、「イ・ジョンソクが聞く」などのコーナーでは日本ファンと交流し、舞台に上がったファンとしっかり目を合わせて抱擁したり、予定に無かったフォトタイムを即興で作るなど、温かい心と繊細な配慮を見せた。また、「僕と」、「一人の男」、「I LOVE YOU」など、毎公演ごとに披露する歌を変え、構成面でも一層アップグレードされた舞台を作り上げた。
 
公演の最後、イ・ジョンソクは直筆の手紙を通じてファンへの思いを打ち明けた。特に東京公演では、これまで変わらない愛を送ってくれたファンたちへ最後の挨拶を伝えると共に、涙を流す姿まで見せた。涙をこらえる彼の姿に多くのファンが目頭を熱くした。
 
イ・ジョンソクは手紙にて「撮影が終わると公開という新たなスタートの瞬間が訪れるように、しばらく会えなくても悲しまないで欲しい」とし、「30代はもっと素敵な俳優として、成熟した人としてファンのみなさんのそばにいます」と伝えた。


2018082201001838100140801


一方、イ・ジョンソクは来月1日、ソウル・江西区KBSアリーナにて韓国ファンミーティング「Pit-a-Pat」を開催予定だ。



写真提供:A-man Project
 

 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る