Information

イ・ジョンソク、児童支援のため1億ウォン寄付!

201804120835766491_1



[韓国エンタメニュース]
 
 
NGO団体 GOOD NEIGHBORSはイ・ジョンソクが韓国内の児童を支援するため1億ウォンを寄付したと明らかにした。
 
今回の寄付に際し、イ・ジョンソクはデビュー8周年を記念したバザー「DREAM WITH US」を開催し、彼が作品で着用した衣装や靴、アクセサリーなどを販売した。
 
またイ・ジョンソクは2016年にデザイナー、クリエイティブディレクター、俳優など、長年の友人らを集め、寄付を目的としたアートプロジェクト「Wプロジェクト」を進行させてきた。寄付された1億ウォンは「Wプロジェクト」を通じて彼が直接デザインした衣類販売の収益金や今回のバザーの寄付金、さらにイ・ジョンソク個人の寄付金が加えられたものだ。
 
イ・ジョンソクはバザー開催前から「収益金は支援を必要とする児童のために使用したい」と明らかにしており、注目を集めていた。寄付された後援金はGOOD NEIGHBORSとMBCドラマネットが進行する児童支援プログラム「ヒューマンドキュメンタリー愛プラス」を通じて紹介された児童の医療費および住居費、学費として支援される予定だ。
 
GOOD NEIGHBORS関係者は「イ・ジョンソクとファンたちの暖かな心遣いに感謝する」とし、「治療を受けられない子供たちや貧困状況に置かれている子供たちの力になれるよう支援をしてゆきたい」と伝えた。



201804120835766491_2



一方、YNK Entertainmentに移籍したイ・ジョンソクはノーギャランティーでSBS短編ドラマ「死の賛美」に出演を決め、話題を集めている。
 
 
写真提供:GOOD NEIGHBORS



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る