Information

イ・ジョンソク、SBS短編ドラマ「死の賛美」主演決定!

470LJS



[韓国エンタメニュース]



俳優イ・ジョンソクがSBSの2部作ドラマ「死の賛美」への主演を決定した。イ・ジョンソクの短編ドラマへの愛情と応援の気持ち、演出家との信頼関係から、ノーギャランティーでの出演となる。


「死の賛美」は韓国初のソプラノ歌手ユン・シムドクが1926年8月に発表したアルバムであり、韓国大衆歌謡の始まりとなった作品。これまで、映画やミュージカルなど、様々な形でリメイクされている。今回のSBS特集ドラマ「死の賛美」は、1991年の映画「死の賛美」とは違い、劇作家キム・ウジンとソプラノ歌手ユン・シムドクの悲劇的な愛と共に、これまであまり知られてこなかったキム・ウジンの作品世界を紐解いていく。


イ・ジョンソクは天才劇作家のキム・ウジン役を演じる。彼は人生で唯一の同志であり恋人のユン・シムドクとの切なくも美しいロマンスを披露する予定だ。これまで多様なキャラクターを縦横無尽に演じきり、繊細な演技で好評を得ているイ・ジョンソクだけに、期待が高まっている。


「死の賛美」は、「ドクターズ」「浪漫ドクターキム・サブ」「あなたが眠っている間に」を共同演出したパク・スジンPDが演出を担当。イ・ジョンソクは、昨年出演した「あなたが眠っている間に」でもパク・スジンPDと息を合わせており、大きな好評を得ている。


パク・スジンPDは、「苦悩する知識人と恋に落ちた青年、一見異なるキム・ウジンの二つの顔をイ・ジョンソクならしっかりと表現してくれるだろうと確信している」、「以前から短編作品に格別な愛情を持っていた彼が、快くノーギャランティーでの出演を決めてくれて感謝している」と話した。


一方、イ・ジョンソクは最近、デビュー8周年を記念した展示型バザー“LEE JONG SUK [DREAM WITH US] EXHIBITION&BAZAAR”を5日間に渡って開催、約1,300人が訪れた。バザーの収益金の一部は、子どもたちの為の寄付金として使用される。



写真提供:YG ENTERTAINMENT



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI



一覧に戻る