Information

イ・ジョンソク、ロッテ免税店銀座店をサプライズ訪問!

LOTTEDF_LeeJongSuk_1



[韓国エンタメニュース]



韓流とエンターテインメントを融合させた多様なマーケティング活動を展開しているロッテ免税店(本社:韓国ソウル、CEO:ジャン・ソンウック)に、去る12月9日(土)、韓流スターイ・ジョンソクがサプライズで訪れ、現地のファンや休日のショッピングを楽しむ人々を喜ばせました。


イ・ジョンソクは、YGエンターテインメント所属で、その甘いマスクと抜群のスタイル、そして何よりも確かな演技力で韓国でも厚いファンからの支持を誇り、日本でも注目されるイマドキの韓流スター。日本でのファンミーティングを盛況に終え、帰国前に銀座店に立ち寄ると、普段着姿にもかかわらず彼に気づいたお客さんが集まり、その人気ぶりをうかがわせました。今回、銀座店を初めて訪れたイ・ジョンソクは、「お得な割引やプロモーションも豊富で、便利なロッテ免税店銀座店を、もっとみなさまに知っていただけるよう、これからも頑張ります」と、意気込みを込めたメッセージを語った。


LOTTEDF_LeeJongSuk_2



LOTTEDF_LeeJongSuk_3_14



LOTTEDF_LeeJongSuk_4



LOTTEDF_LeeJongSuk_5



LOTTEDF_LeeJongSuk_6



ロッテ免税店は、ドラマ「冬のソナタ」で韓流ブーム巻き起こしたペ・ヨンジュンをイメージモデルに起用して以来、韓流マーケティングを推進してきました。現在は、女優チェ・ジウをはじめ、日本でも注目を集める9人組ガールズグループTWICE(トゥワイス)、BTS(防弾少年団)、SUPER JUNIOR、2PM、EXO、チャ・スンウォン、イ・ミンホ、イ・ジョンソク、イ・ジュンギらトップアーティストを起用。銀座店においても、ファンミーティングに参加できる会員特典を実施しているほか、2017年4月にはKARA元メンバーのパク・ギュリさんが銀座店で一日店長を務め、同7月には、TWICEが日本でのイベント後に記念撮影に訪問するなど、集客マーケティングに積極的に活用しています。


ロッテ免税店銀座店は、日本では関西国際空港店に続き都内最大規模の空港型市中免税店として、「東急プラザ銀座」(東京都中央区)内に2016年3月にオープンしました。特に30日以内に出国を予定している日本人なら誰でもパスポートと航空券(E-TICKET)を持っていれば、旅行前にゆっくりと買い物を堪能できます。さらに、消費税だけでなく関税や酒税なども免除されます。日本のショッピング中心地である銀座の「東急プラザ銀座」8・9階にあるロッテ免税店銀座店では、各種カード会社と提携し、T-POINT,JAL 等のポイントも貯まるなど、多様な優遇サービスも充実。12月から1月までセールやプレゼントキャンペーンも多数開催されます。




韓国エンタメ総合情報サイト KOARI




一覧に戻る