Information

「V.I.P.」イ・ジョンソク、北朝鮮から来たVIP“初の悪役”に変身

470-201707280811281253_1



[韓国エンタメニュース]



俳優イ・ジョンソクが映画「V.I.P.」(監督パク・フンチョン)にて初めての悪役に挑戦する。


「V.I.P.」は韓国国家情報院とCIAの企画で北朝鮮から招かれたVIPが連続殺人事件の容疑者となり、これを隠蔽しようとする者、捕まえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持った4人の男のストーリーを描く犯罪映画だ。


イ・ジョンソクはこれまで、ドラマ「シークレット・ガーデン」、「学校2013」、「君の声が聞こえる」「W-君と僕の世界-」など、その演技力と爽やかな魅力で韓国国内のみならず、海外でも広く人気を集めている。少年のような明るいイメージで愛されてきたイ・ジョンソクが、「V.I.P.」を通じて、注目を浴びるVIPキム・グァンイルを演じ、これまで見ることができなかった新たな姿を披露する。


イ・ジョンソクが演じるキム・グァンイルは、韓国国家情報院とCIAの企画により、韓国に亡命したVIPであり、連続殺人事件の有力な容疑者として浮上した人物。誰にも触れることのできないVIPキム・グァンイルに変身したイ・ジョンソクは、人をあざ笑うような傲慢な態度と、狂気に満ちた眼差しで観客を驚かせる予定だ。


パク・フンチョン監督はイ・ジョンソクに、誰もが予想できるような連続殺人容疑者のような演技ではなく、目の前で起こる全てのことに対して無気力な反応と気だるい表情を注文した。更に貴公子のようなビジュアルを積極的に活かし、スクリーン上に新たな悪役のイメージを誕生させた。また、イ・ジョンソクは留学経験豊富な北朝鮮高位層の息子キム・グァンイルの姿を表現するため、北朝鮮の方言はもちろん、英語での演技も完璧にこなした。


演技に対する誠実な姿勢と完璧なプロポーションまで兼ね備えたイ・ジョンソクは、チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスンらベテラン俳優たちの中においても素晴らしい集中力と情熱を見せ、驚くべきシナジー効果を引き出した。これに対しキム・ミョンミンは、「イ・ジョンソクは演技に自分の全てを注ぎ込むスタイルだ。きっと観客は、今回イ・ジョンソクという俳優の演技を見て、びっくりすることになるだろう」と称賛した。


一方、「V.I.P.」は8月24日、韓国にて公開予定。







写真提供:Warner Bros. Korea


韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


一覧に戻る