Information

チャン・ドンゴンからイ・ジョンソクまで…「V.I.P.」8月24日公開決定!

470-20170725012208_1102153_600_858



[韓国エンタメニュース]



パク・フンジョン監督の新作「V.I.P.」が8月24日の公開を決定した。


映画「V.I.P.」は韓国国家情報院とCIAの企画で北朝鮮から招かれたVIPが連続殺人事件の容疑者となり、これを隠蔽しようとする者、捕まえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持った4人の男のストーリーを描く犯罪映画。


配給会社ワーナーブラザースコリア側は27日公開のニュースを知らせ、「2017年上半期、韓国スクリーン界は華やかなスペクタクルを披露する大手フランチャイズの外国映画が勢いを見せた。同時に韓国映画に対する残念な声が続いた」、「そんな中、『V.I.P.』は堅実なストーリー性と新しいスタイルで観客を魅了する予定だ」と明らかにした。


「不当取引(原題)」の脚本、「新世界」の演出で韓国犯罪映画の新たな扉を開いたパク・フンジョン監督が、前作を超える新たなパターンのストーリーで観客を虜にする。ジャンルは犯罪映画だが、組織暴力団が一人も登場しない「V.I.P.」は、国家機関の政治と利害関係を描く。


北朝鮮から来たVIPキム・グァンイルを巡り、彼を確保しようとする国家情報院、警察庁、保安省、CIAの対立は、張りつめた緊張感とスリルを披露する予定だ。


更に、チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスンら韓国映画界を代表するベテラン俳優と、初の悪役に挑戦した人気俳優イ・ジョンソクが共演し強烈な演技を披露する。イケメン俳優のイメージを払拭し、冷徹な姿を見せるチャン・ドンゴン、安定の演技力で観客を夢中にするキム・ミョンミン、ジャンルを越えて強い存在感を示して来たパク・ヒスンが新たなシナジーを魅せる。ここに人気スターのイ・ジョンソクが、誰も触れることのできない北朝鮮から来たVIPキム・グァンイルを演じ、今まで見ることができなかった強烈な悪役の誕生を予告している。






写真提供:Warner Bros. Korea



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る