Information

チャン・ドンゴンからイ・ジョンソクまで… 映画「V.I.P.」クランクアップ

01



[韓国エンタメニュース]



映画「V.I.P」が、韓国を代表する演技派俳優チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソクと共に約3カ月の撮影を終えた。


映画「新世界」の脚本・監督、そして「不当取引」の脚本を通じて力強い犯罪映画を通じて新たな世界を描いてきたパク・フンジョン監督の次期作である2017年最高の野心作「V.I.P.」が、先週約3か月間の撮影を終えクランクアップした。


映画「V.I.P.」は、連続殺人事件の有力な容疑者とされた国会も法律も統制不可能な北朝鮮からやってきたV.I.P.と、彼を追う韓国の特別捜査チームと北朝鮮からやってきた秘密工作人、米CIAと韓国国家情報院を描くストーリー。


権力機関の間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描きたかったというパク・フンジョン監督の今回の作品では、米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物パク・ジェヒョク(チャン・ドンゴン)、連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド(キム・ミョンミン)、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム(パク・ヒスン)、そして映画の全ての人物たちが追う重要人物であり北朝鮮から帰順したVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)、この4人を通じてストーリーが繰り広げられる。



02




脚本・監督を務めたパク・フンジョン監督は「いつも作品が終わる度に寂しくもすがすがしい気持ちになる。残る編集作業に心血を注ぐ。俳優とスタッフに本当にお疲れ様と言いたい」と語った。


チャン・ドンゴンは「パク・フンジョン監督の作品が好きな方なら、今回の作品も楽しんで頂けるはずだ」とし、キム・ミョンミンは「4人の俳優がそれぞれ違ったカラーを見せてくれる映画。全てのスタッフたちとの楽しい撮影だった」とした。パク・ヒスンは「寒い中で苦労しながら撮影を終えたが、たくさんの期待をお願いしたい」と語り、最後にイ・ジョンソクは「すごく期待できる作品だし、輝く星のような先輩方と楽しく撮影を終えた」と感想を伝えた。


韓国最高の俳優と監督が共にした映画「V.I.P.」は2017年に公開される予定だ。



写真提供:ワーナーブラザーズコリア



韓国エンタメ総合情報サイト KOARI

一覧に戻る