Information

イ・ジョンソク&ユナ、“歴代級スケールドラマ”の誕生!

bigmouse

 


[韓国エンタメニュース]


イ・ジョンソク、イム・ユナ主演の新ドラマ『ビッグマウス』が、歴代級スケールのスペシャルな世界観の誕生を予告した。


来る29日より放送がスタートするMBC新金土ドラマ『ビッグマウス』は、勝率10%の生計型弁護士が偶然引き受けることになった殺人事件に巻き込まれながら一夜にして天才詐欺師“ビッグマウス”となり、生き残るためそして家族を守るために巨大な陰謀で汚れた特権層の素顔を暴いていく物語。


暗黒世界の帝王という汚名を着せられ刑務所に入れられたパク・チャンホ(イ・ジョンソク)と、夫を救うために孤軍奮闘する妻コ・ミホ(イム・ユナ)がどうやって難関を乗り越えていくのか注目を集める。そんな中、家族を救うための二人の死闘が始まる舞台でありドラマの背景でもある新都市“クチョン市”の秘密にも関心が集まっている。


まずクチョン市は人口100万人を越える大都市で、現在広域市への跳躍を夢見ている仮想の新都市。スター検事出身のチェ・ドハ(キム・ジュホン)が市長を務め、経済・教育・文化・福祉・治安など全てが安定した都市とされている。


しかしクチョン市の平和は特権層だけのものだ。小市民弁護士パク・チャンホと看護師コ・ミホ夫婦は華麗な大都市の恩恵を受ける暇も無くお金を稼ぐために汗水流しながら働いている。そんな中、パク・チャンホに与えられた巨大な依頼は天才詐欺師“ビッグマウス”という汚名を彼にプレゼントし、平凡な家族の人生をひっくり返してしまう。


地上の楽園と言っても過言ではないクチョン市の中にある“地獄の別荘”クチョン刑務所に収監されたパク・チャンホは、詐欺の前科犯ジェリー(クァク・ドンヨン)を始めとした凶悪犯たちの間で生き残るために真の“ビッグマウス”へと生まれ変わる。そしてコ・ミホもやはり夫を救うために隠れていた勝負師のマインドを発揮し、戦場へと飛び込んでいく。


天才詐欺師“ビッグマウス”を巡る戦争に飛び込むのは彼らだけではない。金が必要な政治家と権力が必要な財閥が結託した秘密組織NRフォーラムもやはりビッグマウスを探してクチョン市へと集まる。ウジョン日報の社長コン・ジフン(ヤン・ギョンウォン)を始め、クチョン市長チェ・ドハ、そしてクチョン病院の病院長ヒョン・ジュヒ(オク・ジャヨン)まで、NRフォーラムに所属し彼らとクチョン市の間に立つことになる。果たしてNRフォーラムとクチョン市、そしてビッグマウスの間にはどんな関係があるのか、平和な都市の裏に醜悪な真実を抱えているクチョン市の実態に好奇心が刺激される。


歴代級スケールの世界観が繰り広げられるMBC新金土ドラマ『ビッグマウス』は、『ドクター弁護士』の後続として来る29日より放送スタート予定だ。



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI



写真提供:MBC

一覧に戻る