Information

イ・ジョンソク、『ビッグマウス』を選んだ理由は?

1657498528198388

 


[韓国エンタメニュース]


俳優イ・ジョンソクがMBC新金土ドラマ『ビッグマウス』を通じて一風変わった変身を予告した。


『ビッグマウス』は勝率10%の生計型弁護士が、偶然引き受けることになった殺人事件に巻き込まれながら一夜にして天才詐欺師“ビッグマウス”となり、生き残るためそして家族を守るために巨大な陰謀で汚れた特権層の素顔を暴いていく物語。


今作でイ・ジョンソク(パク・チャンホ役)はどこでも見せたことのなかった一風変わった姿を見せてくれると言い、ファンの期待を高めている。イ・ジョンソクの気持ちを動かした『ビッグマウス』の魅力は何なのだろうか。


まずイ・ジョンソクは「オ・チュンファン監督とは信頼と親交があり、以前のように楽しく作業をしてみようとおっしゃったので、悩んだ末に決めました」と作品を選んだ理由を明かした。


続けて「平凡な弁護士が天才詐欺師と疑われるアイロニーがとても興味深かったです」とし「生き残るために善悪を行き来するパク・チャンホというキャラクターを通じて新しい姿をお見せ出来ると思いました」と付け加え、彼の演技を一層期待させた。


イ・ジョンソクは思いがけず残酷世界の帝王という濡れ衣を着せられたパク・チャンホというキャラクターについて「台本を初めて見た時は平凡で気の毒さがより大きな人物でした」と伝えた。一夜にして天才詐欺師になって刑務所に行き経験しなくてもいい苦労をするパク・チャンホが気の毒ながらも彼を応援したくなる気持ちが大きかったという。


これと共に彼は撮影を終えた現在はパク・チャンホを見る視点が変わったと答えた。彼は「今はパク・チャンホを見ると、平凡だというより本当に強いキャラクターだと思います。この強さがどんな意味なのかは視聴者の皆さんが本放送で直接確認して欲しいです」と伝えた。


またイ・ジョンソクが演じるパク・チャンホは大口をたたく“ビッグマウス”と、天才詐欺師“ビッグマウス”という同一の修飾語の間の微妙な隙間にいる人物。


このような違いを作っていくためにイ・ジョンソクは「眼差し、話し方など細かな部分にディテールな差をつけようとしました」とし「弁護士パク・チャンホと天才詐欺師パク・チャンホは同じ人物ですが、異なる目標と感情を抱いています。それぞれ置かれている状況に合った感情を演じるために悩みました」と演技ポイントを伝えた。


それだけでなくパク・チャンホというキャラクターについて「文字通り、血・汗・涙だらけの人物です」と説明し、「生計のために、そして生き残るために生存本能を燃やします」と付け加え、巨大な権力の壁にぶつかる平凡な家長の凄絶な死闘を期待させた。


最後にイ・ジョンソクは「『ビッグマウス』には様々な人物が複雑に絡み合っています。この人物たちの本音は何なのか、そして吹き荒れる事件の裏には何が隠されているのか注目して欲しいです」とし「強烈な話を描いた作品なだけに毎話興味津々にご覧いただけると思います」と作品に対する愛情溢れる感想を伝えた。


1657498562421575

 

一方『ビッグマウス』は、韓国にて来る29日夜9時50分より放送スタート予定だ。またディズニープラスでも同時配信予定。



写真提供:MBC



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

一覧に戻る