Information

イ・ジョンソク、“『魔女2』は悪役ではない悪役、『ビッグマウス』は挑戦”

ljs-4

 

 

[韓国エンタメニュース]


俳優イ・ジョンソクが次回作について言及した。


24日マガジンARENA HOMME+ 10月号のカバーを飾ったイ・ジョンソクのグラビアが公開された。有名ブランドのアンバサダーとして2021 F/Wコレクションと共にした今回のグラビアのテーマは現実と歪曲、変形と反復による現実と非現実の混在されたシーンたちだ。


イ・ジョンソクはデジタル効果で歪曲された背景に立ち、現実と仮想空間の間にいる姿を演出した。


続くインタビューで彼は撮影を終えた映画『魔女2』『デシベル』について期待を表した。彼は「『魔女2』は悪役ではない悪役のようなキャラクターなので面白い役です」とし「『デシベル』はシナリオを見ましたが、スラスラと読めました。“この役に挑戦するだけの価値がありそうだ”と思ったので出演を決めました」と明かし、期待を高めた。


またイ・ジョンソクは、tvN新ドラマ『ビッグマウス』を復帰作に選んだ理由も明かした。彼は「年齢層がやや高い役です。結婚したという設定でもあります。僕が演じたら挑戦する形になるのでストレスを受けるだろうと思いますが、それだけの価値があると思いました。面白そうですし、新しいと思いました」と俳優としての変化と楽しさを語った。


ljs1-1

 

 

一方イ・ジョンソクは現在、少女時代ユナと共演するtvN新ドラマ『ビッグマウス』の撮影中だ。『ビッグマウス』は韓国にて2022年に放送予定。



写真提供:ARENA HOMME+



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

一覧に戻る