Information

「ロマンスは別冊付録」“ロコ”でも輝いたイ・ジョンソクの底力

 

470ジョンソク(8)

 

 

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優イ・ジョンソクの底力はロコ(ロマンティックコメディー)でも輝いた。

韓国にて26日、27日に放送されたドラマ「ロマンスは別冊付録」にて“知り合いの姉と弟”チャ・ウンホ(イ・ジョンソク)とカン・ダニ(イ・ナヨン)の叙事が描かれた中、イ・ジョンソクは圧倒的な存在感を放ち、ジャンルを問わない演技力を改めて立証した。
 
「ロマンスは別冊付録」はデビュー10年目を迎えるイ・ジョンソクが初挑戦するロマンチックコメディージャンルで、キャスティング段階から話題を集めてきた。入隊前最後の作品として「ファンのみなさんが求めるジャンルをしたくてロマンチックコメディーを選んだ」と語っただけに彼の初挑戦に対する視聴者の期待はいつにも増して熱かった。
 
イ・ジョンソクが扮するチャ・ウンホは出版社の最年少編集長であると同時にベストセラー作家で、大学教授までもこなす能力のある人物。仕事も恋愛も冷静な理性を維持するが、なぜか“知り合いの姉”カン・ダニにだけは限りなく寛大になる正反対の魅力を持つ“ツンデレ”キャラクターだ。
 
彼は多数の作品を通じて感情が深いキャラクター、特殊な能力を持ったキャラクターなど、様々な役柄を演じ演技力とスター性を持つ唯一無二の俳優として位置づけられた。そんな彼が今回は比較的現実的な人物を演じるとして視聴者の関心が集まっている。
 
イ・ジョンソクはこの期待に応えるかのように、圧倒的な存在感と繊細な演技力でロコドラマ初登場を成功裏に終えた。結婚式場から逃げ出したダニを心から慰める過去から、離婚を隠して自身の家で密かに生活しながら就活を行う現在まで。彼女の前では理性を維持しようとするが、内心ではダニを常に心配するウンホの複雑な感情線をディテールな演技で表現した。
 
さらに、前作ではドラマを主導してきた彼が最初のロコであるだけに、女性キャラクターに主導権を譲りながらドラマを支えた点も目を引く。欲張らず劇中に溶け込んだイ・ジョンソクの選択はもっと好評を受けた理由だ。今後ロマンスが進むにつれ、見せてくれるであろう彼の演技に期待が高まる。
 
また演技はもちろん、今回の作品のためイ・ジョンソクは1ヵ月ほどの練習を経て劇中にてピアノ演奏を披露。それと共にヘアスタイルやファッションなど、多様なスタイリングを具現化して視聴者へ見る楽しみを与えた。彼の輝くビジュアルは今後視聴者をさらにドラマへ引き込む要素となるだろう。
 
ドラマ関係者は「第1週目の放送でウンホとダニの関係と敍事が描かれ、これからはロマンチックコメディーが展開される予定だ」とし、「冷たいウンホがダニとともに変わっていく姿が見どころになるだろう」と伝えた。
 
一方、「ロマンスは別冊付録」は出版社を背景に本を作る人々の物語を描き、一時は人気のコピーライターだったがキャリアが絶たれた女性カン・ダニ(イ・ナヨン)と“文学界のアイドル”スター作家のチャ・ウンホ(イ・ジョンソク)を中心に展開されるロマンチックコメディーだ。韓国にて毎週土・日曜午後9時より放送中。
 

写真提供:tvN
 

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る