Information

イ・ジョンソク主演「ロマンスは別冊付録」ときめきハイライト映像公開!

 

470ジョンソク(6)

 

 

[韓国エンタメニュース]
 
 
イ・ジョンソクとイ・ナヨンのロマンスから共感を狙撃するオフィスコメディーまで。ドラマ「ロマンスは別冊付録」のハイライト映像が公開された。
 
韓国にて26日より放送スタート予定のtvN土日ドラマ「ロマンスは別冊付録」は出版社を背景に本を作る人々の物語を描き、一時は人気のコピーライターだったがキャリアが絶たれた女性カン・ダニ(イ・ナヨン)と“文学界のアイドル”スター作家のチャ・ウンホ(イ・ジョンソク)を中心に展開されるロマンチックコメディーだ。約9年ぶりにドラマにカムバックするイ・ナヨンと毎作品ごとに“人生キャラクター”を更新してきたイ・ジョンソクという恋愛細胞を刺激する組み合わせが視聴者の恋愛細胞を刺激する予定だ。
 
そんな中、公開されたハイライト映像はチョン・ヒョンジョン作家特有の共感を呼び起こす台詞と細密な感性を逃さないイ・ジョンヒョ監督の演出が俳優たちの演技と完璧なシナジーを発揮し、“ロコ(ロマンティックコメディー)ドリームチーム”の真価を証明している。
 
映像は「時間を戻して過去に戻りたい日があるなら、ちょうどその瞬間だ」というカン・ダニの声から始まる。続けて“再び君という本を広げる”と書かれた本が開いていき、カン・ダニとチャ・ウンホの日常が展開されていく。チャ・ウンホが編集長を務める出版社“ギョル”の面接会場から人生の第2幕を開くことになるカン・ダニ。ここから二人の新しいロマンチックチャプターが開かれる。
 
厳しい現実に涙を流しながらも堂々と人生を生きるカン・ダニは共感を呼び、長い間彼女を側で見守ってきたチャ・ウンホの姿は視聴者にときめきを与えると共に、二人の関係への好奇心を募らせる。さらに、カン・ダニの人生に突然現れたチ・ソジュン(ウィ・ハジュン)、チャ・ウンホだけを見つめるソン・へリン(チョン・ユジン)の存在にも好奇心が刺激される。カン・ダニとチャ・ウンホは新たなチャプターに向かうことができるのか、放送への期待が高まる。
 
また、平凡さが微塵もない出版社“ギョル”のメンバーたちの活躍も興味深い。愉快なエネルギーが溢れるキム・ジェミン(キム・テウ)と氷の魔女コ・ユソン(キム・ユミ)など、個性溢れるキャラクターが集まった“ギョル”の面々は早くも楽しさを感じさせている。売れない本を見過ごすことができず、作家を励まして一冊の本を作っていく彼らの血と汗の涙が愉快な笑いとともに共感を呼び起こすだろう。
 
一方、「ロマンスは別冊付録」は韓国にて26日午後9時より放送スタート予定。
 
 
写真提供: tvN
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る