Information

イ・ジョンソク、グラビアを通じて近況を公開

470ジョンソク(5)
 
 
[韓国エンタメニュース]
 
俳優イ・ジョンソクが「Esquire」2019.2月号の表紙を飾った。
 
同日、写真撮影後のインタビューにてイ・ジョンソクは演技に関する質問に真剣かつ謙遜する面を見せた。彼のこれまでのインタビューを見ると“劣等感”という表現が多かったが、これについては「自ら不足だと感じるので劣等感という言葉を多く口にしたようです」と答えた。
 
イ・ジョンソクは自分を追い詰めて粘り強く努力する俳優として知られている。これについて彼は「これまで本能的に演技したことがありません。仕事への責任感から始まったものですが、いつも結果を見ると自責します」とし、「なので毎日現場で演技する姿をビデオカメラで撮影し、モニタリングしながら反省します。フルショットの場合、立っている姿から見て、相手の俳優が演技する時には後頭部だけが出るシーンがあるけれど、その時も僕がどのような動作をしているのかまで見なければなりません」と明かした。
 
すでに演技力に定評があるが、演技に対する彼の愛情と欲は変わらなかった。「演技は確かに上手になりたいし、いつも上手でいたいです。しかしその基準が人によって異なり、またその人への好感度によって違います。だから演技が難しいと思います」と、演技に対する自身の考えも明らかにしてくれた。
 
9年目の俳優イ・ジョンソクはデビュー後、初のロマンチックコメディードラマ「ロマンスは別冊付録」に挑む。「このドラマを選んだのはチョン・ヒョンジョン作家の作品が個人的に好きだからです。『恋愛の発見』、『ロマンスが必要』を見ながら、恋の話を現実的にされているようだと思いました。でも演技してみたらとても難しいですね」と、今回のドラマを通じてロマンスに近い人として映りたいという願いを伝えた。
 
続いてイ・ジョンソクは彼が設立した会社やカフェ、彼と共に歩んでゆく人々に責任を感じる、と深い本音を語った。「会社は頑張っている友人が良い環境で演技できるようにしてあげたくて作りました。初めは“僕たちだけで楽しくしてみよう“と始めましたが、僕が思っていた理想と違いました。あの人たちには現実ですから。これは簡単に考えていいことではないな、僕が熱心に仕事をしなければならないな、と思うようになります」
 
 
470ジョンソク2(1)



470ジョンソク3



470ジョンソク4



470ジョンソク5


 
イ・ジョンソクは確かに成熟し、さらに成長していた。彼のグラビアとインタビューは「Esquire」2019.2月号に掲載される。
 
 
写真提供: 「Esquire」2019.2月号
 
 

一覧に戻る